記事について質問する
コメント 1

  • ア***** | (2017/03/19 12:03)

    こういう活動はいいね。 近年、食料メジャーが「自殺遺伝子」を組み込んだ種籾を世界に普及させているらしい。 自殺遺伝子とは、結実するのが一代限りで、その実が発芽しても子孫を残さない遺伝子だ。 つまり、食料メジャーから毎年種籾を買わなければならないという事。 自殺遺伝子の農産物が増え、従来の農産物を駆逐してしまう事があれば、「やっぱり元に戻したい」となっても、従来の植物を手に入れる事も難しくなってしまう。 だが、こういう様々な種子を保管する施設が世界中に増えてくれれば、食料メジャーの独壇場にはならないで済む。 金の為には環境も、人命も、人権も無視する連中は世界中に増え続けている。 「希望の種」は、あればあるほどいい。

ありがとうございます。
質問を受け付けました。